ダイエット

BaseNoodle(ベースヌードル)はマズい?味を実食検証!【2020年最新】

流行りの完全栄養食「ベースヌードル(baseNoodle)」について調査!ブログ主が実際に購入して「味がまずい口コミが本当か、実食検証。お試し購入~解約方法、人気の食べ方(アレンジレシピ)も紹介。ダイエット向き?常温保存OK?などよくある疑問も調査。

BaseNoodle(ベースヌードル)の口コミ

\初回限定50%割引/

1食分に一日の必須栄養素1/3が含まれている、完全栄養食の麺「Base Noodle(ベースヌードル)」

Baseシリーズとして販売されている「BaseBread(ベースブレッド)」がパンタイプなのに対し、麺タイプで売られている商品ですね。

ぬこ
ベースブレッド(BaseBread)と比べると少数派だけど、時々SNSでみかけるよね。
あやりた
パスタで食べるのが公式ですが、和風な味付けで食べてる人が多いんですよね。
ぬこ
ベースブレッドはかなり美味しかったから、BaseNoodle(ベースヌードル)も期待しちゃうニャ!

※BaseBread(ベースブレッド)については別記事で紹介してます▼

BaseNoodle(ベースヌードル)は完全栄養食

日本人が1日に取るべき栄養素は厚生労働省から発表されているのですが、ベースヌードルはその基準を全て満たしている完全栄養食であることが特徴。

BaseNoodle(ベースヌードル)1食分(1袋)を食べると、1日に必要な栄養素の1/3を100%とれるように設計されています。

BaseNoodle(ベースヌードル)の栄養素

あやりた
BaseNoodle(ベースヌードル)の栄養素はパッケージ裏にも記載されています▼
ベースヌードル 栄養素
あやりた
一日に必要な栄養素量と比較するとこんな感じ▼(公式サイトより)
basebread 栄養素
ぬこ
ベースヌードル・ベースブレッド両方炭水化物と脂質は若干少な目ニャ。
あやりた
炭水化物・脂質は摂りすぎる人が多いので、あえて少なくなっているんですね。
ぬこ
糖質制限している人にはちょうどいいニャ!
BaseNoodle(ベースヌードル)の原材料(タップで開く)

小麦全粒粉 / 小麦たんぱく / 大豆粉(遺伝子組み換えでない)/ 卵黄粉末 / 米ぬか / 小麦胚芽 / もち米 / アマニ油 / でん粉 / 米酢 / 調味酢 / 卵白粉末 / 海藻粉末 / 粉末油脂 / 真昆布粉末 / サトウキビ抽出物 / 酵母 / 調味料(無機塩 )/ 酒精 / 栄養強化(V.C・V.E・ナイアシン・パントテン酸カルシウム・V.B1・V.B6・V.B2・V.A・葉酸・V.D・V.B12)

ぬこ
タンパク質の元になってるのは大豆ミネラルの元海藻の粉末ニャ。
あやりた
米ぬかや米酢、もち米など日本人になじみの深い食材で作られてるんですね。
ぬこ
栄養強化として、ビタミンやカルシウム、葉酸がプラスされてるニャ。

BaseNoodle(ベースヌードル)の値段を比較

BaseNoodle(ベースヌードル)を購入する方法としては、①公式サイトで単品購入公式サイトで継続購入の2種類があります。
※スマホの方は右にスライド⇒

値段
公式サイト単品購入 2060円(4袋)送料込
公式サイト継続購入 1280円(4袋)送料込

※購入は4袋から可能

ぬこ
公式サイトの継続購入が圧倒的に安いニャ・・・でも継続購入だから回数しばりあるよね?
あやりた
ベースブレッド公式の「継続コース」は、回数しばりナシ。なので、初回で合わないなと思った場合は初回注文後すぐに解約できるんです!
「継続コース」を初回注文する場合、「単品購入」の違いは?!と思う人が多いですが、公式サイトにも書かれている通り(▼画像参照)継続コースの購入回数縛りはないのがベースブレッドの良心的なポイント。継続コースのペースは4週ごとが基本になってはいますが、初回配達後すぐに解約してもOKとなっています。
basebread ベースブレッド 縛り

\初回限定50%割引/

BaseNoodle(ベースヌードル)を最安で買う方法

※BaseBreadとセットの各2個ずつ(2,060円)のものもありますが、ここではBaseNoodle(ベースヌードル)4つ入りのものを最安で買う手順を紹介してます。

あやりた
公式ページの「継続コース」からの申し込みが最安ですね。
ぬこ
単発で買いたい人もここからやで!ほな見てみよ!

BaseNoodle(ベースヌードル)を最安で買う手順

  1. 公式ページへアクセス▷完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット
  2. ページ上の「SHOP」をクリック
  3. ベースヌードルの「購入する」ボタンをクリック
  4. 画面下「数量を選んで購入する」をクリック
  5. 継続コースに☑・数量4で「カートに追加」
  6. レジに進む
  7. 住所・氏名・支払い方法を入力
  8. 注文完了♪
あやりた
登録したメールアドレス宛に、注文内容や配達日が送られてきます♪
ぬこ
配達日は最短で5日くらいニャ!それ以降の配達日時なら指定することも可能ニャ。

\初回限定50%割引/

BaseNoodle(ベースヌードル)の解約方法

ぬこ
ワイ、継続コースで1回だけ頼んで、すぐ解約したいんやけど・・・
あやりた
そのパターン多いので調べときました。公式サイトにしっかり説明されてますが、一応ここにも書いておきますね!

「継続申し込み」の解約方法

  1. BaseFood公式ページから「MyPage」にログインする。
  2. 「継続コースの商品内容を確認・変更」ボタンをクリック。
  3. 「継続コースの詳細」で解約商品のプルダウンメニューをクリック。
  4. 数量を「0」にし、「変更を保存」をクリック。
  5. 「継続コースを解約しました」と表示されます♪
ぬこ
1回きりの注文でもすぐに解約できるっていうシステムは良心的ニャ。
あやりた
良品である自信があるからこそ良心的なサービスができるんでしょうね。

\初回限定50%割引/

BaseNoodle(ベースヌードル)はまずい?実際に味を検証

あやりた
まずは実際に買ってみた!!!

①BaseNoodle(ベースヌードル)が届いた!

ぬこ
ベースヌードルの箱かわいいニャ。
あやりた
シンプルな箱のデザインで意識もシュッとしたよね。

②箱はこんな感じ

basebread,中身
ぬこ
中黄色?!
あやりた
めっちゃかわいいです。ちょっと写真だとわかりづらいですが、冊子の下にエアーキャップも詰められていて、梱包がとても丁寧でした。

③箱の中身はこんな感じ。

basebread
あやりた
今回はスタートセット(Base Breadとセット)を注文。おまけとしてイタリア産のオリーブオイルと、パスタソースが入ってました!▼
オリーブオイル ベースヌードル

④BaseNoodle(ベースヌードル)早速開封

ベースヌードル 中身
ぬこ
蕎麦・・・・・・?!
ポイント
  • 見た目は完全に蕎麦!
  • プロテイン的な香りあり
  • 生麺タイプでやわらかい

⑤1食分の量・サイズはこんな感じ

ベースヌードル 茹で
あやりた
3分茹でると完成です。重量は130gですね。
ぬこ
思ったよりは量があったよね!・・蕎麦だけど。

⑤パスタソースかけてみた

ベースヌードル パスタソース
あやりた
初回パッケージにおまけでついてきたボロネーゼのパスタソースをかけてみました。
ぬこ
全粒粉パスタって言われたら、そう見えなくもないね!

⑦味をチェック

ぬこ
味のほどは、いかに?!
あやりた
・・・言いづらいですが、率直に言うと「パスタとしては美味しくはなかったです。
ポイント
  • 食感がモソモソする
  • 生蕎麦の食感にかなり近い
  • プロテイン感が強い

ベースヌードル(basenoodle)を注文すると、公式のおまけでついてくるのがパスタソースなので、パスタとしてトライする人が多いのですが、正直「パスタとして食べるのは合っていない麺」だな、というのが印象です。

Noodleとして販売されてはいるものの、パスタとして販売しているわけではない、というところがポイントのよう。

SNS(twitter)などで検索してみても、韓国風の味付けや、和風の味付けをしている人が多く、それも今回実際試してみて納得できました。

パスタにこだわらず麺タイプの完全栄養食を試したい人には、一度ためしてみる価値はあります。

\初回限定50%割引/

BaseNoodle(ベースヌードル)のメリットとデメリット

ベースヌードルイメージ

ベースヌードル(BaseNoodle)を実際に試してみて「メリットになるな」と思ったことはこんなところ。

BaseBread(ベースブレッド)のメリット

メリット
  • 栄養が偏らずに食事できる
  • 忙しくても簡単に食べられる
  • 腹持ちが良い
  • ダイエットにも使える

一番のメリットは、「とにかく手軽にキチンとした食事ができる」という事。

3分茹でるだけで、「完全に栄養素が網羅された食事」になるので「忙しいけどちゃんと食べたい人」の強力な味方になってくれます。

ある程度のボリュームがあって腹持ちがいいのもメリット。

BaseFoodシリーズは、炭水化物・脂質よりも、タンパク質の比重が多く設計されているので、低糖質ダイエットをしている人の食事にも向いています。

 

あやりた
時間がない日の家ごはんも、3分で完成するのはありがたい!

BaseNoodle(ベースヌードル)のデメリット

メリットが多いように見えるベースヌードルですが、デメリットも多少あります。

デメリット
  • パスタには向かない
  • 味が平気な人と苦手な人に分かれる
  • 茹でると栄養素が若干減る
  • こまめに買う手間がかかる

味のレビューでも書いたように、「パスタには絶対向かない」というのが個人的な所感です。

アレンジ方法として別の方法を試す必要が出てくるので、その手間を「面倒・・・」ととる人には向かないと思います。

麺の味や、食感自体も多少独特なので「いける人・無理な人」がいるというのは納得です。

あやりた
「自分に合う味か分からないし・・」という人は一度お試しで買ってみるのがおすすめです!

\初回限定50%割引/

BaseNoodle(ベースヌードル)みんなのアレンジレシピ

ぬこ
ベースヌードルのアレンジSNSで検索すると、めっちゃでるっス。みんな意識高い!
あやりた
普通の味に飽きちゃったときは、他のユーザーのレシピも参考になるね!
ぬこ
やっぱ和風が合うと、ワイも思うニャ。
あやりた
無印のパスタソースっていう手もあるんですね!

\初回限定50%割引/

BaseNoodle(ベースヌードル)でよくある疑問Q&A

BaseNoodle(ベースヌードル)の継続コースの頻度は変更できるの?
デフォルトだと1カ月に1回のペースで設定されています。頻度を2カ月ごと、3カ月ごとにするといった変更はできないのですが、「次の月は配達いらないな」という場合は、配達個数を0個に変更しておく配達がキャンセルできます。(次回配達予定日の6日前まで)実質的には、継続コースの解約という形です。
BaseNoodle(ベースヌードル)の注文内容は2回目から変更可能?
個数や配達日は「MY PAGE」から変更が可能です。
BaseBread(ベースブレッド)込みのプランに変更できる?
注文内容は毎回変更可能です。BaseBread(ベースブレッド)も合わせて購入したい、またはBaseNoodle(ベースヌードル)だけの注文に戻したいなども自由に変更できるようになっています。
BaseNoodle(ベースヌードル)の保存方法は?
ベースヌードルは冷暗所での保存が可能になっています。商品到着から2カ月半程度の賞味期限で常温保存することが可能です。
BaseNoodle(ベースヌードル)のコスパは良い?悪い?
BaseNoodle(ベースヌードル)の単品の値段(定価)は390円(1袋2個入)です。初回は特別割引があり、2回目以降は20%割引(1袋312円)。普通の麺として考えると高めですが、完全栄養食1食分として考えると安い、と言えるのではないでしょうか。

まとめ

「ベースヌードルはまずい!」という口コミをちょくちょく見かけるので、実際どうなのか気になっていましたが、実食してみて「不味いと言われる理由」や、「パスタ以外のアレンジしているユーザが多い理由」がよくわかりました。

個人的にはベースブレッドと比較すると、やはり茹でる手間があるので、「外出時にも隙間時間で完全食!」というコンセプトから考えると、ベースブレッド派かな~というのが私の個人的な意見です。

完全栄養食が気になっているけど、味や食感が気になる・・という人の参考になれば幸いです♡

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

関連記事▼

 

 

 

よく読まれる記事