美容&メイク

おすすめのクレンジングの種類 / 目的別 / 肌タイプ別の選び方【まとめ】

自分に合うクレンジングの種類・選び方 / 普段使い用 / 肌荒れ用 / にきび肌用 / 『普段使いにベストなクレンジングはコレ!』みんなが選んだ総合ランキング★絶対に失敗しない『買い方』も必見。「オイル、バーム、ジェル、クリーム・・選べない!!」という人へ。

▶押せる目次◀

クレンジング総合ランキングTop5

2021年最新で『一番注目度が高い & 人気のクレンジングコスメ』が下の5つ。

あやりた
あやりた
普段使いのクレンジングを探してる人はチェック!
ぬこ
ぬこ
クレンジングコスメは進化している!

1位:DUO(デュオ) クレンジングバーム シリーズ

DUO(デュオ) クレンジングバーム シリーズ基本情報

定価 3,960円
割引 1,980円(公式通販から
クレンジング主成分 パルミチン酸エチルヘキシル(オイル)
ダブル洗顔 不要
  1. 毛穴より小さいバームの粒子で毛穴汚れオフ
  2. メイク落ちがよく、保湿ケアもできる
  3. 肌タイプに合わせて5種類から選べる
あやりた
あやりた
肌ストレスが少なく、マッサージサポートもできる人気バーム

バームタイプはバームにクッション性があるので肌への負担が少なく、DUOの場合はエステル系オイルでしっかりメイクが落ちる処方 / さらに天然の植物オイルで洗いあがりの保湿ケアまでしてくれるので、ツッパリ感もなく「肌治安に良いことづくし!」なのが人気の秘訣です。

DUOシリーズは5つの種類があり、肌タイプや季節に合わせて選べるのも魅力▼

DUO4種類の成分+アプローチの違い
DUO赤色
アンチエイジング
冬向き / しっとり
ハリ・透明感・うるおいを与える
ローズ精油の香り
👉DUO赤公式サイトを見る
DUO黄色
クリア
夏向き / さっぱり
毛穴汚れを一掃し皮脂バランスを整える
グレープフルーツ精油の香り
👉DUO黄公式サイトを見る
DUO青色
ホワイト
秋向き / 乾燥によるくすみオフ
古い角質、黒ずみをやさしく吸着する
カミツレ花精油の香り
👉DUO青公式サイトを見る
DUO水色
バリア
春向き / 医薬部外品
ゆらぎがちな肌を強く、美しく育む
ハーバル精油の香り
👉DUO水色公式サイトを見る
DUO黒色
ブラック
夏向き / 角質オフ
皮脂汚れ・角栓・古い角質をオフ
グレープフルーツの香り
👉DUO黒色公式サイトを見る

DUOクレンジングバームの使用感は別記事で詳しく解説しています✨▼▼▼

DUO 4種類 違い
【まとめ】DUOクレンジングバーム全種類の効果|口コミと成分解説DUOのクレンジングバームを実際に使って効果を検証★リピ買いユーザのリアルな口コミ / 効果的な使い方も紹介。成分を詳しくみて『毛穴汚れオフ』効果の根拠を発見 / 効果なし口コミの理由や「効果はいつからでる?」「ニキビ肌にも使える?」「肌あれしてしまったら?」などのQ&Aも...
炭
【最安Link】DUO黒クレンジングバーム効果的な使い方と口コミ / 全種類比較DUO『黒』クレンジングバームの実際のリアル効果レビュー&より効果的な使い方解説【成分解析】したら驚きのスペックだった / 毛穴汚れオフ効果が出ない人のためのアドバイス/朝の使い方/「ニキビが増えた人はいる?」「DUOが肌に合わない時の対処」などDUOに関する実用的なノウハウまとめ。...

2位:ORBIS(オルビス) オフクリーム

オルビスオフクリーム
オルビス スペック

ORBIS(オルビス)オフクリーム基本情報

定価 2,530円(クリームのみ)
割引 / 特典 2,530円 公式通販から
(クリーム+ORBIS u.スキンケアセット)
クレンジング主成分 パルミチン酸エチルヘキシル(オイル)
ダブル洗顔 不要
  1. 肌密着度の高いクリームタイプ
  2. ダブルの保湿成分で洗いあがりしっとり
  3. メイクだけを落とせる皮脂コントロール処方

オルビスのシンプル処方でクリームタイプのクレンジングコスメです▼

オルビス オフクリームは、肌も気持ちもオフする一日の終わり。

とろけるような感触で、心地よい自分時間へ導くクレンジングクリームです。
オルビス公式

クレンジング成分はDUOと同じエステル系オイルのパルミチン酸エチルヘキシルですが、クリーム状になっていることで、より優しい肌触りになっていることが特徴。

バームのようなスクラブ感はないですが、ピッタリと密着するクリームの皮脂なじみがとても良く、オイリー肌さんや混合肌さん、油っぽくなりがちな肌コンディションを整えたい人に向いているクリームです。

3位:POLA(ポーラ) Dクレンジングオイル

pola dクレンジングオイル
ポーラ スペック

POLA Dクレンジングオイル基本情報

定価 3,960円 公式サイトのみ販売
割引 なし
クレンジング主成分 ミネラルオイル / トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル(界面活性剤)
ダブル洗顔 必要
  1. 塗れた手でも使えるオイルクレンジング
  2. ポーラ独自の保湿成分ゴールデンニーム
  3. コラーゲン分解を抑制することを重視
あやりた
あやりた
オイルタイプなのに塗れた手でも使えて便利!

純度高く精製したミネラルオイルを主成分にすることで、水が付いた手でもすぐに洗浄成分が乳化してしまうことなく、メイク落としができるように工夫されたクレンジングオイルです。

ポーラ独自開発の保湿成分である「ゴールデンニーム」(「奇跡の木」と呼ばれる木から採取)や、保湿効果の高いローズヒップオイルなど、植物由来の保湿成分で肌老化の原因になるMMP1の産生を抑えるのを助けます。

4位:shu uemura (シュウ ウエムラ)ユースラディアント クレンジングオイル

ポーラ スペック

shu uemuraクレンジングオイル基本情報

定価 10,780円
Amazon割引 8000円~9000円 Amazon 詐欺商品注意!
洗浄主成分 パルミチン酸エチルヘキシル(オイル)
ダブル洗顔 不要
  1. 美容系YouTuberのユーザが多い
  2. 肌環境にも地球環境にも良いオイル
  3. 日本宇治抹茶エキス配合

「使用感が良い」「香りが良い」と評価する美容系YouTuberが多いクレンジングオイルです。

リンクルショット
YouTuberすみしょうさんがおすすめベストコスメ【2021年】すみしょうさんが発表したベストコスメ商品を2021年-2020年-2019年の順で忘備録としてリスト化したものです。クレンジング・洗顔・化粧水の3つの部門別におすすめが紹介されています。「すみしょうさんのオススメのアレ、なんだっけ」という時に活用していただければ幸いです。...

成分にはメイクなじみの良いエステル系オイル(パルミチン酸エチルヘキシル)が使われており、しっかりメイクが落とせる処方です。

コンセプト成分として「日本産宇治抹茶エキス」が配合されていること、SDGSの達成を意識した環境にやさしいボトル素材などでトータルの意識の高さをコンセプトにしているクレンジングオイル。

created by Rinker
シュウウエムラ(shu uemura)
¥3,700
(2021/09/10 19:22:53時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonで見るとshu uemuraのクレンジングオイルは公式サイトよりもかなり安く設定されているものが多いですが、偽造品が多く出回っている口コミが散見されるので、購入は公式ショップからの方が良いです▼

5位:PPMOON ホットクレンジングゲル

PPMOON スペック

PPMOONホットクレンジングゲル基本情報

定価 3,080円
割引 公式サイト20%OFF
洗浄主成分 イソステアリン酸PEG-20グリセリル(界面活性剤)
ダブル洗顔 不要
  1. 保湿ケアを重視したクレンジングゲル
  2. 水性タイプで洗いあがりサッパリ
  3. 保湿成分に酒粕エキスを配合

保湿効果に優れたグリセリンを主成分に構成した「はちみつ🍯」のような見た目&テクスチャのクレンジングゲルです。

ぬこ
ぬこ
PPMOONの使用感は別記事でくわしく解説▼
PPMOON効果
PPMOONクレンジングの実際の効果レビュー&みんなの口コミPPMOONホットクレンジングゲルの『温感や化粧落ちレベル / 毛穴オフの効果』をレビュー。他のユーザのリアル口コミ調査★成分解析してみたら・・他のクレンジングにはない事実を発見。酒粕エキス配合が新しい!ゲルの魅力を解説。...

一番違うのは洗いあがりの感じで、オイルタイプ特有の洗いあがりのヌルヌル感は全くなく、サッパリとした感触で、ほどよくしっとりします。

姉妹商品として「PPMOON潤いピーリングゲル」があり、どちらも保湿成分として酒粕エキスが配合、セットで使うとよりツルツル・さっぱり肌を実感しやすいです。

クレンジングの種類の選び方

クレンジング種類チャート

クレンジングの商品は一番有名なオイルタイプの他に、ミルクタイプやクリームタイプ、最近人気のバームタイプ・・など種類が色々あります。

ぬこ
ぬこ
違いがわからん・・(口コミ数で選ぶしかない)
あやりた
あやりた
そういう人は、クレンジングの特徴をチェックしてね▼
ミルクタイプ 洗浄力は弱め / 軽いメイク落とし向き / オイル系
クリームタイプ 洗浄力は中程度 / 肌に密着して垂れにくい / オイル系
ジェルタイプ(油性) 洗浄力は高め / オイルタイプよりは粘りがある / オイル系
ジェルタイプ(水性) 洗浄力は中程度 / さらっとした洗いあがり / 水性系
シートタイプ(拭き取り) 洗浄力は高い / 手軽さが魅力 / 肌負担が一番高い / オイル系
オイルタイプ 洗浄力は高い / 垂れやすく肌負担も多め / オイル系
バームタイプ 洗浄力は中~高程度 / クッション性があり、肌負担少な目 / オイル系

どのクレンジングも長所と短所がありますが、一番バランスが良いのがバームタイプ。

あやりた
あやりた
バームタイプは洗浄力も高くて肌負担も高くない、最高のバランスなんです。
ぬこ
ぬこ
だから人気なのか・・。

W洗顔不要って本当?

W洗顔

ひと昔前は化粧落としコスメはクレンジングオイルしかなく、クレンジングオイルのほとんどはW洗顔が必要でしたが、最近では界面活性剤を上手く組み合わせることで、「オイルで取り除いたメイク・皮脂汚れをクルンと包み込んで肌に再付着させずに水で流す」ことができるものがほとんどです。

メイクとなじむ作用があるのが、クレンジングオイルの主成分の初めの方に書かれている「パルミチン酸エチルヘキシル」などのエステル系のオイル成分で、水と乳化し洗い流してくれるのが成分の下の方に書かれている「イソステアリン酸」などの界面活性剤です。

あやりた
あやりた
「W洗顔不要」と書かれているクレンジング剤は理論上本当にW洗顔しなくてもよいです。
ぬこ
ぬこ
洗った後ベタベタ感ないの?

洗い流し時、界面活性剤によってオイル成分が水が乳化して流れてくれるので、オイル感がのこって気持ち悪い!という「THE 不快!」な感じはないです。

ただ、界面活性剤の配合量で意図的に少しの量の天然オイルを肌に残す処方にしているものもあり、これによって「洗いあがりのしっとり感」がでますが、人によってはこれが「ベタつき」に感じられることがあるので、そういった場合はW洗顔するのもアリです。

 肌タイプ・季節ごとに合ったクレンジングの選び方

乾燥肌・オイリー肌・混合肌の肌タイプから一番最適なクレンジングを選ぶ方法もあります。

ぬこ
ぬこ
自分の肌タイプが分からなにゃい・・。
あやりた
あやりた
下のボタンから診断できるよ!▼
肌タイプ診断を見る(タップ)

右にスライドできます➡

ほほがしっとりしている→ 脂っぽさ・ベタつきがある→ オイリー肌タイプ
脂っぽさ・ベタつきがない→ 肌はカサつかない→ 普通肌タイプ
肌がカサつきやすい→ 頬の毛穴が気になる→ 混合肌タイプ
頬の毛穴が気にならない→ 乾燥肌タイプ
ほほがしっとりしていない→ Tゾーンにベタつきがある→ 混合肌タイプ
Tゾーンにベタつきはない→ 化粧ノリは良い→ 普通肌タイプ
化粧ノリが悪い→ 乾燥肌タイプ

肌タイプは皮脂量できまるので、皮脂量に合わせてクレンジングの種類を選ぶのがポイントになります▼

肌タイプ別のおすすめクレンジング
普通肌タイプ →保湿力が中程度のものを選ぶ◎
おすすめ:DUO黄色バーム
乾燥肌タイプ →保湿力が高いもの、皮脂を落としすぎないものを選ぶ◎
おすすめ:PPMOONジェル
混合肌タイプ →皮脂がしっかりおち、保湿力が中程度のものを選ぶ◎
おすすめ:ORBISクリーム
オイリー肌タイプ →皮脂・角栓がたまりにくく、さっぱり目のものを選ぶ◎
おすすめ:DUO黒バーム
ぬこ
ぬこ
クレンジング選べそうな気がしてきた・・。

【注意】買うなら公式通販◎|Amazon・楽天・薬局で失敗する理由

貯金

Amazon・楽天のネットショップや、薬局で買うのは一番手っ取り早くて手軽な方法ですが、買ってからでは遅い・・落とし穴があるので知っておく必要があります▼

  1. 肌に合わない時に返品 / 返金対応してもらえない
  2. ショップによっては偽物が売られていることがある
  3. 初回の割引がない / 2回目の割引がない

公式通販サイトで買う最大のメリットは、初回が半額など安く設定されていることが多いことです。

ぬこ
ぬこ
でも初回ってことは継続して買わないとダメでしょ?
あやりた
あやりた
初回だけの購入がOKな場合がほとんど。おためし購入でも使えるんですよね。
ぬこ
ぬこ
えッ・・!!(今まで爆損してた🙀)

公式通販で買うもう一つのメリットは「肌に合わない時、使用感に納得できない時返品・返金してもらえる」ということです。

ぬこ
ぬこ
合わなくても、もったいないから使ってた・・🙀
あやりた
あやりた
公式通販なら返品、返金してもらえます。

クレンジングは毎日使うものなので、肌に合わない(使用感に納得できない)ものを使い続けるのは肌にとって良くないです。

相性が分からない、初めて買うクレンジングは「返品・返金対応のあるもの」を選ぶのが正解◎

あやりた
あやりた
次の目的別おすすめでは返品・返金対応のある通販で買えるクレンジングを中心に紹介します♪
ぬこ
ぬこ
安心して買える♪
目的別クレンジング(タップで飛べます)

①毛穴・角栓オフしたい人のクレンジングの種類

毛穴・角栓オフのポイントは、角栓・皮脂よごれをしっかり落とせること&汚れOFFした後の保湿感がさっぱりしていることです。

毛穴・角栓までキレイにするためには、ソフトスクラブ効果のあるクレンジングバームがおすすめ。

バームタイプ / DUO黒 – ブラックリペア

DUO 黒

DUO(デュオ) クレンジングバーム-ブラック基本情報

定価 3,960円
割引 1,980円(公式通販から
クレンジング主成分 パルミチン酸エチルヘキシル(オイル)
ダブル洗顔 不要
  1. 混合肌さん~オイリー肌さんの皮脂にアプローチ!
  2. 発酵エキス+オイルで角質をほぐす
  3. 微粒子の炭パウダーが皮脂汚れを吸着

ガンコな毛穴黒ずみや角栓におすすめなのがDUOクレンジングバームシリーズの中の「黒(ブラックリペア)」

DUOシリーズはどの種類も毛穴汚れにアプローチしてくれるソフトスクラブ素材が配合されていますが、黒DUOはさらに効果的にガンコな毛穴汚れ・角栓にアプローチできる処方になっています。

あやりた
あやりた
DUOクレンジングバーム黒については別記事で使用感を解説してます▼
炭
【最安Link】DUO黒クレンジングバーム効果的な使い方と口コミ / 全種類比較DUO『黒』クレンジングバームの実際のリアル効果レビュー&より効果的な使い方解説【成分解析】したら驚きのスペックだった / 毛穴汚れオフ効果が出ない人のためのアドバイス/朝の使い方/「ニキビが増えた人はいる?」「DUOが肌に合わない時の対処」などDUOに関する実用的なノウハウまとめ。...

バームタイプ / DUO黄色 – クリア

DUO(デュオ) クレンジングバーム-クリア基本情報

定価 3,960円
割引 1,980円(公式通販から
クレンジング主成分 パルミチン酸エチルヘキシル(オイル)
ダブル洗顔 不要
  1. 乾燥肌さん~普通肌さんの毛穴汚れオフ!
  2. 角質層までの浸透率が高い保湿成分で効果的に保湿
  3. 洗いあがりサッパリ感を重視

そこまで脂っぽい肌質ではないけど、毛穴(鼻周り)が気になる・・という程度の人に合うバームタイプのクレンジング。

DUO黒とは全く違う処方(配合)で、こちらは保湿成分として低分子(角質層までの浸透率の高い)加水分解コラーゲン / 加水分解ヒアルロン酸などが配合されているので、保湿ケアもしっかりできます。

ジェルタイプ / PPMOON – ホットクレンジングゲル

PPMOON スペック

PPMOONホットクレンジングゲル基本情報

定価 3,080円
割引 公式サイト20%OFF
洗浄主成分 イソステアリン酸PEG-20グリセリル(界面活性剤)
ダブル洗顔 不要
  1. 粘度が高い透明のジェルタイプ
  2. 肌に密着してじっくり毛穴ケア
  3. 保湿成分90%以上で保湿重視

他のクレンジングにはないスゴい粘り気(!)が特徴の透明ジェルタイプのクレンジング。

日本ならでは「酒粕エキス」が保湿成分として配合されている他、保湿成分+美容成分で90%以上が構成されているジェルなので、ゆっくりじっくりクレンジング&毛穴ケアしたい人向きです。

あやりた
あやりた
PPMOONクレンジングの使用感は別記事で詳しく解説しています▼
PPMOON効果
PPMOONクレンジングの実際の効果レビュー&みんなの口コミPPMOONホットクレンジングゲルの『温感や化粧落ちレベル / 毛穴オフの効果』をレビュー。他のユーザのリアル口コミ調査★成分解析してみたら・・他のクレンジングにはない事実を発見。酒粕エキス配合が新しい!ゲルの魅力を解説。...

②肌荒れさんにおすすめのクレンジング種類

肌荒れの原因は乾燥や大気の汚れ(排気ガスなど)、気温や湿度の変化によるもの・・など様々ですが、肌のバリア機能をサポートしてくれるクレンジングを選ぶことがポイント◎

バームタイプ / DUO水色 – バリア

duo バリア

DUO(デュオ) クレンジングバーム-バリア基本情報

定価 3,960円
割引 1,980円(公式通販から
クレンジング主成分 パルミチン酸エチルヘキシル(オイル)
ダブル洗顔 不要
  1. 抗ダメージ成分配合の医薬部外品クレンジングバーム
  2. 肌負担が最小限でしっかりメイクを落とせる
  3. 肌バリア機能をサポートしてくれる成分配合

DUOシリーズの中で唯一、抗ダメージ成分(グリチルリチン酸ステアリル)配合医薬部外品になっているクレンジングバーム。

荒れ、ゆらぎやすくなった肌を荒れから守りながら、メイクをしっかり落とすことができます。

バームタイプ / ララヴィクレンジングバーム

ララヴィ

ララヴィクレンジングバーム基本情報

定価 5,280円(バームのみ)
割引 / 特典 1,500円 公式通販から
(バーム+スキンケアセット)
クレンジング主成分 パルミチン酸エチルヘキシル(オイル)
ダブル洗顔 不要
  1. 保湿効果が高く稀少な植物オイル(ウチワサボテンオイル)を使ったバーム
  2. 高級感のあるオーガニック系の香り
  3. ライン使いのセットで肌をトータルケア

自然素材の効能にこだわって厳選された材料で作っているクレンジングバーム。

普通のクレンジングバームにはあまり配合されない植物オイル(スクレロカリアビレア種子油 / バオバブ種子油 / サルビアヒスパニカ種子油)などが配合されていて、「リラックス×メイク落ち×保湿」のすべてを最高品質で愉しむことを目指したクレンジングバームです。

あやりた
あやりた
ララヴィクレンジングバームの使用感は別記事で詳しく解説しています▼
ララヴィ クレンジングバーム すくった
ララヴィのクレンジングバームは本当に良い?【検証】|トライアル購入レポ&口コミララヴィのクレンジングバームを実際に買って使い心地を検証!バームの使い方、オイルローション・シフォンクリームの成分も具体的にまとめました。楽天・amazon・公式の値段一覧~みんなの口コミ、マツエク対応?~取扱店の情報もまとめています。...

ジェルタイプ / キュレル – ジェルメイク落とし&洗顔料

キュレル-ジェルメイク落とし基本情報

定価 2,945円(ジェルのみ)
割引 2,420円(amazon)
(ジェル+泡洗顔料セット)
洗浄主成分 トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(オイル)/ POEオクチルドデシルエーテル(界面活性剤)
ダブル洗顔 必要
  1. 抗ダメージ成分配合の医薬部外品クレンジングジェル
  2. 肌本来の保湿成分(セラミド)を守りながらメイクオフできる
  3. 肌バリアを壊さないことを重視したクレンジングジェル

キュレルは全シリーズで肌本来の保湿成分(セラミド)を守ることを優先して成分の配合が考えられているケアシリーズです。

抗ダメージ成分が配合されているだけでなく、肌刺激になりにくい洗浄成分で構成されているので、もともと肌が荒れやすい人や、アトピー肌の人でも使いやすいクレンジングです。

③ニキビ肌さんにおすすめのクレンジング種類

ニキビができがちな人におすすめなのが、ニキビの原因をオフ、肌のバリア機能をサポートできるクレンジングです。

クリームタイプ / ORBIS – オフクリーム

オルビスオフクリーム
オルビス スペック

ORBIS(オルビス)オフクリーム基本情報

定価 2,530円(クリームのみ)
割引 / 特典 2,530円 公式通販から
(クリーム+ORBIS u.スキンケアセット)
クレンジング主成分 パルミチン酸エチルヘキシル(オイル)
ダブル洗顔 不要
  1. クリームタイプで肌負担が少ない
  2. 肌本来の保湿成分を流さずメイクだけオフ
  3. サッパリ系の保湿成分

ORBISのオフクリームはメイク落ちに必要な成分だけで構成されているシンプル処方であることが魅力。

強すぎる洗浄成分がなく、肌刺激をすくなくメイクオフすることに特化しています。

バームタイプ / シトラナ – シカプロテクトクレンジングバーム

シトラナ クレンジングバーム

sitrana(シトラナ)クレンジングバーム基本情報

定価 3,960円(クリームのみ)
割引 / 特典 2,178円 公式通販から
(クリーム+スキンケアセット)
クレンジング主成分 パルミチン酸エチルヘキシル(オイル)
ダブル洗顔 不要
  1. シカ成分(ツボ草エキス)で肌機能を整える
  2. 薬草ハーブで優しく肌ストレスをオフ
  3. ライン使いできるセットでトータルケア

インドやタイの伝統薬学で認められているシカ成分(ツボクサエキス / ツボクサ葉エキス )が配合されているクレンジングバーム。

医薬部外品のような薬効はなくても、自然の力で肌本来のバリア機能を高めたい人におすすめ。

バームタイプ / DUO水色 – バリア

duo バリア

DUO(デュオ) クレンジングバーム-バリア基本情報

定価 3,960円
割引 1,980円(公式通販から
クレンジング主成分 パルミチン酸エチルヘキシル(オイル)
ダブル洗顔 不要
  1. DUOシリーズ唯一の医薬部外品クレンジングバーム
  2. ニキビの元になる肌荒れ / 乾燥 / 毛穴詰まり を防ぐ
  3. 肌バリアをサポートする成分配合

ニキビの原因にトータルでアプローチしてくれるのがDUOシリーズのバリア。

抗ダメージ成分(グリチルリチン酸ステアリル)で肌荒れ→ニキビが悪化するのを防ぎながら、肌のバリア機能を高めて肌のコンディションを整えてくれます。

④時短で落としたい人におすすめのクレンジング

クレンジングの種類の中でも1番メイク落ちが早いのがオイルタイプです。

ポイントメイク落とし / 拭き取りタイプなどもすべてオイルベースになっています。

オイルタイプ / 無印 –  マイルドクレンジングオイル

created by Rinker
無印良品
¥1,190
(2021/09/10 03:17:07時点 Amazon調べ-詳細)

ポーラ スペック

無印良品 – マイルドクレンジングオイル基本情報

定価 1,190円
割引 1,190円(Amazon
クレンジング主成分 ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル(界面活性剤)
ダブル洗顔 不要
  1. 濃い目メイクも素早く落ちる
  2. 値段が安く大容量でコスパが良い
  3. 洗いあがりはサッパリ系

オイルタイプのクレンジングで「メイク落ちの速さ / 肌刺激の少なさ / 保湿感」のバランスが良い無印良品の敏感肌用クレンジングオイル。

特別な美容液・保湿成分は入っていないですが、400mlで1,190円とかなりコスパも良く、顔以外のメイク落とし(ウォータープルーフの日焼けなど)で首~ボディ用に使うにも最適です。

拭き取りタイプ / ズボラボ – クレンジングシート

シート拭き取りクレンジング

ズボラボ – クレンジングシート基本情報

定価 990円
割引 810円(Amazon
クレンジング主成分 PEG-10ジメチコン(界面活性剤)
ダブル洗顔 不要
  1. 洗い流し不要・拭き取りだけでメイクオフ
  2. 化粧水・乳液・美容液も配合
  3. 保湿成分・抗ダメージ成分で肌荒れしにくい

「疲れてメイク落としの気力がない・・」「ベッドに直行したいけどメイク落とししたい・・」という時に役立つ拭き取りタイプのメイク落としシート

入院時や、旅行中(飛行機など)、病気で起き上がれない時などに活用している人も多く、「洗顔するよりも肌治安が良いかも」という口コミも。

ぬこ
ぬこ
エタノールが上位で配合されているので、肌がアルコール成分に弱い人は注意。

拭き取りタイプ / Bifesta – ポイントメイク落とし

シート拭き取りクレンジング

Bifesta – ポイントメイク落とし基本情報

定価 1,197円
割引 1,197円(Amazon
クレンジング主成分 ミネラルオイル / ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
ダブル洗顔 不要
  1. 濃いアイメイク・リップもこすらずに落とせる
  2. 保湿成分配合で目元 / 口元に優しい処方
  3. ウォータープルーフメイクもスルッとオフ

ウォータープルーフタイプのマスカラや落ちにくいリップティントなど、普通のクレンジングで落ちにくいメイクを先に落とす時に役立つ、拭き取りタイプのクレンジング。

コットンに含ませてメイクの上から軽く押さえるだけでスルンと落とせます

ぬこ
ぬこ
こちらもエタノールが上位で配合されているので、肌がアルコール成分に弱い人は注意。

クレンジングの種類と特徴・ポイント

クレンジングのタイプ6種類のメリット・デメリットをまとめました。

ぬこ
ぬこ
種類ごとに良いところ・悪いところをチェック!

種類①オイルタイプのクレンジング

オイル
メリット メイクを浮かせるのが一番早い / コスパが良い / 時短
デメリット 液だれしやすい / クッション性がなく摩擦が肌ストレスになりやすい / 洗浄力が高く肌の保湿成分まで落ちやすい

オイルタイプの良い点は「とにかくメイク落ちが早い」ということです。

①メイクを浮かせるオイル成分として「パルミチン酸エチルヘキシル」や「ミネラルオイル」、②乳化(油と水が混ざるようにする)させて流す成分(界面活性剤)として「トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル」などが組み合わせてあり、メイク落としの工程としては2段階になっています。

オイル成分が他のクレンジングより高い濃度で配合されていることで、メイクが早くオイルになじみますが、洗浄力の高さで肌の潤いを保つための保湿成分まで流れてしまうと、洗いあがりで肌が乾燥しやすいというデメリットがあります。

ぬこ
ぬこ
オイルクレンジングは定番の種類だけど、お肌には負担も大きい・・
あやりた
あやりた
クレンジング後のケアをしっかりすることがポイントです♪

種類②バームタイプのクレンジング

バーム
メリット バームのクッション性があり肌に負担が少ない / バーム素材によるソフトスクラブ感で毛穴汚れが落ちやすい / 液だれしない
デメリット 最低でも30秒くらい時間がかかる / ウォータープルーフなど落ちにくいものがある / 値段が高め

バームタイプは独特なクッション性があり「トロけるような感触」が特徴。

①メイクを浮かせるオイル成分としてはオイルタイプと同じ「パルミチン酸エチルヘキシル」などのエステル系オイルが使われることが多く、②乳化(油と水が混ざるようにする)させて流す成分(界面活性剤)として「ステアリン酸グリセリル」などが組み合わせてあります。

バームタイプは主成分であるオイルの他に、バームの形状を造る素材(ポリエチレンなど)が入っている分、メイク落ちの感度は緩やかですが、独特なトロミによって肌に密着してくれるため液垂れせず、ゆっくりとクレンジングをすることができます。

種類③ミルクタイプのクレンジング

乳液
メリット 液だれしにくい
デメリット クッション性がなく肌に負担がかかりやすい / 洗浄力が弱めのものが多い / 濃いメイク・ウォータープルーフは落ちにくい

ミルクタイプはクレンジングの中で「洗浄力がやさしい(ものが多い)」ことが特徴です。

ベース成分に水が配合されており、①メイクを浮かせる成分として「ラウリン酸メチルヘプチル」などのエステル系オイル、②乳化する成分として「トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル」などの界面活性剤が配合されています。

オイルタイプやバームタイプのようなオイル系の成分が少なく、水ベース+界面活性剤の濃度が低めになっているので「肌にやさしい」と言われることが多いですが、界面活性剤の濃度によっては肌刺激、肌が乾燥することもあるので注意が必要です。

種類④クリームタイプのクレンジング

クリーム
メリット 密着感があり液だれしない / 摩擦感が少ない
デメリット 最低でも30秒くらい時間がかかる / 濃いメイク・ウォータープルーフは落ちにくい

クリームタイプは「肌にぴったりと密着するテクスチャ」が特徴。

①メイクを浮かせるオイル成分としてはオイルタイプと同じ「パルミチン酸エチルヘキシル」などのエステル系オイルが使われることが多く、②乳化(油と水が混ざるようにする)させて流す成分(界面活性剤)として「ステアリン酸グリセリル」などが組み合わせてあります。

成分に若干の水が含まれている分、メイク落ちの感度はオイルタイプやバームタイプよりも若干緩やかと言えます。

種類⑤ジェルタイプのクレンジング

ゲル
メリット クッション性があり摩擦が少ない / 液だれしにくい
デメリット 濃いメイク・ウォータープルーフは落ちにくい

ジェルタイプのクレンジングは「みずみずしいテクスチャ」が特徴のクレンジング。

①メイクを浮かせるオイル成分としてはバームタイプ・オイルタイプにも使われる「トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル」などのエステル系オイルが使われることが多く、②乳化(油と水が混ざるようにする)させて流す成分(界面活性剤)として「POEオクチルドデシルエーテル / イソステアリン酸PEG-20グリセリル 」などが組み合わせてあります。(※ものによっては界面活性剤だけのタイプもあります)

バームタイプと同じようなメイク落としの構造になっていますが、ジェル状にする素材(グリセリンやソルビトール液)などが上位で配合されていることで、「優しい洗浄力」になっています。

種類⑥拭き取りタイプのクレンジング

拭き取り
メリット メイク落ちが早い / 手軽
デメリット 肌に刺激になりやすい / メイクが肌に残ることがある / こすると摩擦で肌が傷みやすい / 肌が乾燥しやすい

拭き取りタイプの魅力は「とにかく素早く手軽にメイクが落とせる」ことに尽きます。

①メイクを浮かせるオイル成分としてエタノールが配合され、②乳化(油と水が混ざるようにする)させて流す成分(界面活性剤)として「PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ / ラウリン酸PEG-12 」などが組み合わせてあります。

エタノールはメイクを素早く浮かせる作用がありますが、肌刺激の原因になったり、肌を乾燥させる作用もあるので、注意が必要です。

【SNS口コミ】みんながおすすめクレンジングの種類

Twitterの最新ツイートから、今いちばん使われているクレンジングの種類をリサーチしてみました。

ぬこ
ぬこ
「クレンジング」で検索して出てくる最新のツイート200件を調査してみたよ!
2021年一番人気が高いクレンジングの種類
  1. 1位:バームタイプ
  2. 2位:オイルタイプ
  3. 3位:クリームタイプ
  4. 4位:ミルク / ジェルタイプ
duoクレンジングバームのテクスチャとメイク落ちを評価する人
オイルタイプで一番人気のシュウウエムラで感動する人
duoと並んで人気のクレンジングバームはバニラコZERO
デパコスのシュウウエムラは高くても人気・・
ベビーオイルはW洗顔ありきなら使えるという人
バームタイプは新製品が続々と出ていて人気
DUOの使い心地を評価する人

【結論】クレンジングの普段使いはDUOが最強・優秀

今回クレンジングの種類を徹底的に調べてみた結果、一番注目度が高くて人気の種類=バームタイプということが分かりました。

理由としては、『メイク落ち以外の要素を求める人が増えたから』だと考えます。

ひと昔前なら、メイク落ちがとにかく最強のオイルタイプが主流でしたが、バームではメイク落としの役割だけでなく、同時に『毛穴汚れもオフしたい』『しっかり保湿したい』『メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎたい』・・などを叶えられるクレンジングになっています。

バームタイプで一番口コミが多いのがDUO,バニラコ,inkなどですが、その中でも一つ頭を抜いて優秀なスペックを持っているのがDUOクレンジングバームのシリーズです。

普通のクレンジングバームなら『香りだけの違い』で他のアプローチがほぼ同じなのに対して、DUOクレンジングバームでは香りもアプローチも全く異なる5つのバームとして展開されています。

5つの種類でバームが展開されていることで、自分の肌タイプや目的、季節ごとの肌などによって自分の肌・目的に合うバームの種類を選べることがメリットです▼

DUO5種類の成分+アプローチの違い
DUO赤色
アンチエイジング
冬向き / しっとり
ハリ・透明感・うるおいケア
ローズ精油の香り
👉DUO赤公式サイトを見る
DUO黄色
クリア
夏向き / さっぱり
毛穴汚れを一掃し皮脂バランスを整える
グレープフルーツ精油の香り
👉DUO黄公式サイトを見る
DUO青色
ホワイト
秋向き / 乾燥によるくすみオフ
古い角質、黒ずみをやさしく吸着
カミツレ花精油の香り
👉DUO青公式サイトを見る
DUO水色
バリア
春向き / 医薬部外品
ゆらぎがちな肌を強く、美しく育む
ハーバル精油の香り
👉DUO水色公式サイトを見る
DUO黒色
ブラック
夏向き / 角質オフ
 皮脂汚れ・角栓・古い角質をオフ
グレープフルーツ果皮油
👉DUO黒色公式サイトを見る
ぬこ
ぬこ
DUOが人気なのには理由があった・・

クレンジングでよくある疑問Q&A

疑問
ここに質問を入力

メイク落ちを重視するならオイルタイプ、肌負担を減らすことを考えるならクリームタイプを選ぶのが良いです。オイルタイプとクリームタイプの違いは含まれているオイル成分の配合割合です。オイルタイプはオイルが主成分であるのに対し、クリームタイプではオイル以外に水が含まれているものが多く、弾力もあるので、そのぶん洗浄力は優しく、肌負担が少ないという特徴があります。

ここに質問を入力

「乾燥肌の人がオイルタイプを使うとより乾燥してしまう・・」「オイリー肌の人が保湿力重視のクレンジングを使ってベトつきが気になる・・」など、クレンジングの種類の選び方によっては合わない・・というものがあることは当然です。

肌タイプに合わせてクレンジングの種類を選ぶ方が良い、のは間違いないですが、「使ってみるまで分からない」部分がほとんどなので、万が一肌に合わないときの全額返金保証があるものを選ぶのがオススメです。

ここに質問を入力

「皮脂が増える夏はサッパリ系」「乾燥しがちな冬はしっとり系」など、季節ごとにクレンジングを変えるのはアリだとは思います。(実際に季節に合わせた使用感のクレンジングがリリースされることも良くあります。)

ただ、肌の特性(肌タイプの違い)に比べると、季節ごとの肌の変化はそこまで大きくないので、そこまで気にする必要はないと思います。個人的には夏用、冬用の2種類があれば十分かなと思っています。

ここに質問を入力

クレンジングは種類によっては「全く肌に合わない」「むしろ荒れてしまう」というようなことは起こりえます。なので、クレンジングを購入する時には「万が一合わない」ときを考えて全額返金に対応しているかどうかを見ることをオススメします。

「全額返金保証」は、単なる通販の1メリットにしか考えない人も多いですが、返金がない一般薬局やAmazonで「買ったクレンジングが合わない」となってから、後悔しても遅いです。

特にDUOなどのクレンジングバームは薬局でも公式サイトでも買えるので、返金や初回限定半額の特典がある公式通販から買うのが正解です。

まとめ

おすすめのクレンジングの種類をかなり深く掘り下げてリサーチしてみましたが、バームタイプの人気が高い理由『メイク落ち以外のスペックの高さ』だという事が分かりました。

個人的には「なんか心地よい・・」くらいの感覚で使っていたクレンジングバームですが、確かに他のクレンジングの種類にはない魅力があると感じています。

今回の記事で自分の肌に合ったクレンジングの種類を知るきっかけにしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました♡

関連記事▼

DUO 4種類 違い
【まとめ】DUOクレンジングバーム全種類の効果|口コミと成分解説DUOのクレンジングバームを実際に使って効果を検証★リピ買いユーザのリアルな口コミ / 効果的な使い方も紹介。成分を詳しくみて『毛穴汚れオフ』効果の根拠を発見 / 効果なし口コミの理由や「効果はいつからでる?」「ニキビ肌にも使える?」「肌あれしてしまったら?」などのQ&Aも...
ink. duo バーム違い
DUOとink.のクレンジングバーム両方使っている私が徹底解説DUOとink.のメイク落ち効果/香り/使いやすさ/コスパを徹底比較まとめ。画像付きで分かりやすく解説★毛穴汚れ / 保湿 / ニキビ対策に合っているクレンジングバームは?成分解析だけでは分からない本当の使い心地を正直に教えます。...
DUO黒メイク落ち
【全注意】duoクレンジングバーム悪評・副作用・嘘を検証~解説duo(デュオ)のクレンジングバームは悪評=胡散臭い、副作用がある、効果は嘘、シミが消えない、解約できない・・などの悪い口コミが本当か徹底調査。根拠・証拠となる情報を掲載しています。購入時の注意点も。...