意識高い系料理

賃貸でもビルトイン食洗器を設置ができた話|設置方法

「ビルトインタイプの食洗器を賃貸で使いたい」という人のために、完全賃貸の我が家で実際に使っている食洗器と、設置方法、設置費用などをまとめてみました。

シンク下でなく、シンク横にビルトイン食洗器を設置する方法がこちら!

//スポンサードリンク//

ビルトインの食洗器は賃貸でも設置可能

賃貸であるがゆえに、ビルトインタイプの食洗器の設置をあきらめている人って結構多いと思います。

が、結論から言うとビルトインタイプの食洗器は賃貸でも使うことができるんです。

もちろん壁や配管などはそのままで!!

食洗器,ビルトイン,賃貸

上の写真を見て頂けると分かるのですが、右側がシンクでその横のスペースに食洗器を設置しました。

本来はシンク下の物入れスペースに設置するのですが、シンクの横に設置してもOKなんです。

//スポンサードリンク//

ビルトイン食洗器はネットで安く買える

我が家で使っているRinnai(リンナイ)の食洗器(RSW-F402C-SV)は、公式サイトを見ると値段は198,000円・・・

た、高ぇぇぇ~!!

ぬこ
なかなか・・いいお値段でござるニャ~・・
あやりた
実は、Amazonだと格安で買えちゃうんです!

リンナイさんには申し訳ないですが(笑)ウチはこの方法で購入しました。

ビルトイン食洗器を賃貸で設置する方法

ビルトインの食洗器を賃貸で設置するときに普通と違う点は一つだけです。

給水は蛇口から・排水はシンクに流すように設置する

普通のビルトイン設置の場合、給水・排水はすべてシンク下で行うのですが、賃貸の場合、シンク下の配管をいじるのが無理なので、給水は蛇口(分岐するアイテムがあります)、排水はシンクに流すように設置すればOKです。

ぬこ
排水するのにシンクだと高さがあるけど・・大丈夫なん?!
あやりた
食洗器には排水用ポンプが内臓されているので、床からシンクまでの高さがあっても排水されますよ。

我が家で一番論点(?)になったのが、「排水ってシンクで大丈夫?!」ということ。

食洗器についてあまり知らないと、下から上にパイプを設置して排水・・というのに違和感があるのですが、心配無用!

食洗器には強力な排水ポンプが内臓されており、床~シンクまでのパイプでの排水もなんら問題なくできちゃいます。

賃貸でのビルトイン食洗器の設置費用

Amazonで買えば本体が半額(8万くらい)になるのですが、「設置にお金かかるんでしょ・・」と思っている人に朗報。

なんと、1万~2万で設置できます。

因みに我が家ではDIYで配管を付けたので、材料代の7000円で設置できました※

DIYで設置する場合に必要なものについては後述しています。(➡DIY項目へとぶ)

ここではまず、業者に設置のみ依頼する方法を紹介します。

水栓関連業者ならどこでも喜んで工事してくれる(配管の工程はとてもシンプルです)ので、街の業者さんを検索して直接申し込みする方法一番安く、相場は1~2万です

業者を検索!
  1. 食洗器 設置 〇〇(市名、県名)で検索
  2. 近隣の専門業者が見つかる
  3. ネットから食洗器設置を依頼
  4. 家に来てもらう
  5. 設置完了
ぬこ
家主に確認しなくていいの?
あやりた
配管は、カンタンに元の状態にもどせます。特に大掛かりな工事もなく家具が増えるのと同じなので、連絡しなくても大丈夫。
食洗器,賃貸,配管
食洗器の給水部分は蛇口(写真では給湯用から分岐していますが、どこの蛇口でもOK)から分岐しているのですが、六角レンチがあれば、簡単にもとの状態につなぐことができます

すごくシンプルですね。

食洗器のおすすめはRinnai一択

食洗器、ピンキリで我が家もかなり迷いましたが、Rinnaiの(RSW-F402C-SV)にした理由がこちら。

日本製で唯一のフロントオープンタイプの食洗器
ぬこ
むむ?フロントオープンの利点とは?
あやりた
我が家がフロントオープンにこだわったのには理由があります↓

食洗器,比較
まず、海外製のビルトインを検討しましたが、海外製食洗器はすべて200V(ボルト)対応で、コンセントの電気工事が必要になるため、賃貸では無理です。

次に据え置きの食洗器を検討しましたが、据え置きタイプは容量が小さく、フライパンを1つ入れてしまうと食器がほとんど入らないというので、我が家では即却下となりました。

結果として、国内唯一のフロントオープンタイプの食洗器
Rinnai(RSW-F402C-SV)が最強!!
なのです。

食洗器のメリットとデメリット

実際に数カ月使用してみて、ビルトインタイプの食洗器のメリット・デメリットをまとめてみました。

ビルトイン食洗器のメリット

まず、メリットをまとめます。

メリット
  • 食器洗いが秒速でおわる
  • 家族の喧嘩が減る
  • 食卓が多彩になる
  • 自分の時間が増える

ごはんを食べた後の食器洗いに数十分かかっていたのが、食洗器にしたことで数十秒で終わる、というのが最高のメリットです。

さらに、食器洗いの担当を誰にするかでイサカイが絶えなかった我が家では、食洗器の設置後に食事後のケンカが激減しました。笑

意外だったのは、食洗器を設置したことで、盛り付けのバリエーションが豊富になったこと。

これまでは食事後の片づけを考えて、ワンプレートに盛り付けする料理がメインだったのですが、主菜・副菜・汁物・デザート・・など、小皿や小鉢に分けて出すことに抵抗がなくなりました

なんといっても食器洗いにかける無駄な時間自由な時間にできるメリットは大きかったです。

ビルトイン食洗器のデメリット

デメリットは、正直ないです

でも、あえて挙げるとすれば次のようなことがデメリットになるかなと思います。

デメリット
  • 場所をとる
  • 音が鳴る

ビルトインタイプの食洗器は、一人暮らし用の小型冷蔵庫くらいのサイズがあるので、場所をとるということではデメリットになります。

シンク横のスペースは普通冷蔵庫のためのものなので、そこに食洗器を設置するとなると、冷蔵庫を別の場所に置く必要がでてきます。

稼働音はジャブジャブと結構豪快な音が鳴る(笑)ので、アパートなどの場合、深夜の稼働は避けたほうがよさそうです。

ビルトイン食洗器の賃貸設置Q&A

自分で設置する場合に必要なものは?
16mm塩ビ管(給水側)・26mm塩ビ管(排水側)・16mm用継手・26mm用継手・タフダイン(塩ビ管接着剤)・ドライバー式アングル型止水栓・16mmバルブソケット・16mmフレクシブル配管・・・です。工事を業者に頼む場合も必要であればこちらの情報を伝えればスムーズにいくかとおもいます。
引っ越しするときはどうすればいい?
配管の取り外し自体はねじを緩めるだけなのでとてもシンプル。他の家具と同様持ち運びできます。新居での設置は、長さなど足りないパーツのみを交換すれば再設置できます。
食洗器故障時の補償はある?
Rinnaiの食洗器には補償がついてくるので、購入後1年の故障は補償で修理してもらうことが可能となっています。

まとめ

賃貸だからビルトイン食洗器はあきらめる・・という人は少なくないと思ったので、今回記事にまとめてみました。
これから賃貸でビルトイン食洗器の設置を考えたい人の参考になれば幸いです!

//スポンサードリンク//

関連記事▼

よく読まれる記事