便利情報

ユーザー車検がめちゃくちゃ簡単だった話【自分で車検を通す方法】

車検の値段をなるべく安くしたい!という人には「ユーザー車検」という方法があります。

今回は実際に私が「ユーザー車検」を受けてめちゃくちゃ簡単だった話をまとめました。

これからユーザー車検を考えている人の参考になれば幸いです。

//スポンサードリンク//

ユーザー車検(継続検査)の値段

私が乗っている車はトヨタのプレミオという車です。

言ってみれば一般的な普通車なので、大体の人がこれに当てはまるのではないかと思います。

ぬこ
車検て高いニャ・・いくら安くても普通に10万以上するニャ?(気が重い..)
あやりた
ユーザー車検(普通車)で必要なお金はたった5万程度
ぬこ
やすすぎニャ!!!!

内訳としては自賠責保険の更新が3万ちょっと、重量税が1万ちょっとという感じですね。

実は、検査自体にかかる料金はない(無料!)んですね。

//スポンサードリンク//

ユーザー車検に必要なもの

ユーザー車検に必要なものは基本的な書類だけです。

必要なもの
  • 現在の自賠責保険の用紙
  • 現在の車検証
  • 必要なお金
  • 24カ月検査表の紙(あれば)

24カ月検査表というのは、車検場ではチェックしないこまかい項目(オイル残量・タイヤの溝など)の検査項目を記した紙です。

車検では任意の項目となっているので、24カ月検査をしていない場合は、「後で24カ月検査します」と言っておけばOKです。

ぬこ
え?じゃあ24カ月検査ってしなくていいの?
あやりた
24カ月検査しなくても車検は通してもらえますが、事故を防ぐための大切な項目が含まれているので、24カ月検査はした方がいいですね。

〝24か月検査だけ受ける〟方法はある?

リサーチしてみたところ、24カ月検査だけを取り扱ってくれる業者はほぼゼロでした。

というのも車検の請負業者は「24カ月検査~車検」までを含めての価格でないと業者には儲けがでないらしく、24カ月検査だけでは仕事にならないらしいです。

しかし、唯一24カ月検査だけ受ける方法があり、それがディーラー(TOYOTAなど)に依頼する方法です。

ディーラーにお願いする場合は、2万ほどで24カ月検査だけ依頼できるようです。

ぬこ
24カ月検査って自分でやってる人もいるニャ?
あやりた
そう。ここでチェック用紙をダウンロードできますよ(24カ月検査用チェック項目)。でもちょっと専門的になるので、やはり業者かディーラーにお願いした方がいいですね。

 

ユーザー車検を受ける方法

ユーザー車検を受ける方法はめちゃくちゃ簡単です。

実際に検査を受けている様子を撮影したYouTubeもあります▼

必要な書類がいくつかありますが、車検場ですべて記入できるので、前準備はいらないです

  1. 車検場に行く(予約はしてもしなくてもOK)
  2. 「継続検査」のコーナーへ!
  3. 自賠責保険の更新+支払いをする
  4. 継続検査の必要書類を書く
  5. 重量税、印紙の支払いをする
  6. 検査レーンへ行く
  7. 検査通過
  8. 通過表を提出(シールをもらう)
  9. シールを貼って完了!

ユーザー車検のメリット・デメリット

「ユーザー車検」はメリットがかなり大きいです。

  • とにかく格安
  • 検査工程が見られる
  • 自分の空き時間にいける

ガソリンスタンドや、ディーラーに車検依頼する値段の半額以下でできる「ユーザー車検」にデメリットなんてないのですが、あえて挙げるとデメリットもあります。

  • 24カ月検査がついていない
  • 不備があったら再検査が必要

交換部品があった場合の対処

車検場で、一発合格できなかった場合は、「ここを直してもう一度来てください」という指示がでます。

この場合は、指摘された部品を交換してからもう一度車検を受けることになります。

ぬこ
部品てまたコレ高くつくニャ?
あやりた
ディーラーで買うと高いですが、ヤフオクで中古で買うと安いですよ!
ぬこ
二回目の車検の費用はどうなるニャ?
あやりた
同日の場合は無料、後日の場合は2千円ほどです。

我が家の場合、テールランプの日々で当日の修理が不可能だったこともあり、ヤフオクで中古部品(同モデルのテールランプのみ)を注文し、自力で交換、後日再検査に行きましたが、2千円ほどで検査もアッサリ終了

無事車検を通すことができました

ちなみに24カ月検査はまだやっていないので、必須と思われるところから(オイル、タイヤなど)順次やってこうかなと思っています。

まとめ

ユーザー車検(自分で車検を通す方法)の方法を調べてみると、意外と体験者の話が見つからなかったので、今回実際に行ってみた感想・忘備録もかねてまとめてみました。

これからユーザー車検を考えている人の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

▼関連記事

//スポンサードリンク//

記事内で興味のある広告を見に行ってもらえると泣いて喜びます☆